島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター
遺伝子機能解析部門
HOME 部門紹介 利用規則・利用申請手続き 利用申請書様式集 研究設備・機器 オンライン機器使用予約 受託サービス RI実験施設 スタッフ 植物ベクター 学術セミナー 技術講習会 公開講座 行事 カレンダー 建物見取図・機器配置図 年報・通信 参加記 キャンパスマップ リンク
 
大学連携研究設備ネットワーク
 
HOME > セミナー
遺伝子機能解析部門セミナー
 
| ~211 | 210~181 | 180~151 | 150~121 | 120~91 | 90~61 | 60~31 | 30~1 |
 
回数をクリックすると内容をご覧になれます。講演者敬称略
 
 
  • 第60回 平成11年11月26日
    (第167回 細胞工学研究会講演会)
    演題 遺伝子工学的多糖修飾による食品タンパク質の高機能化
    中村宗一郎(島根大学教育学部)

  • 第59回 平成11年11月22日
    (第166回 細胞工学研究会講演会)
    演題 細胞のサイズ(細胞質量)を決めるメカニズム-分裂酵母は面白い-
    平田 大(広島大学大学院)

  • 第58回 平成11年6月15日
    (第165回 細胞工学研究会講演会)
    演題 食品成分によるがん予防へのアプローチ
    大東 肇(京都大学大学院農学研究科)

  • 第57回 平成11年5月31日
    (第164回 細胞工学研究会講演会)
    演題 私のナイト・サイエンス-つくばマウス誕生物語り-
    村上和雄(筑波大学)

  • 第56回 平成11年3月16日
    (第163回 細胞工学研究会講演会)
    演題 キンギョソウのトランスポゾンTam3の構造的特徴と細胞転移
    貴島祐治(北海道大学農学部)

  • 第55回 平成11年3月11日
    (第162回 細胞工学研究会講演会)
    演題 プロリン残基に着目した酵素タンパク質の耐熱化
    渡辺邦彦(京都府立大学農学部)

  • 第54回 平成11年2月12日
    (第161回 細胞工学研究会講演会)
    演題 真核生物の複製における蛋白質-DNA複合体:ORCとPCNAについて
    釣本敏樹(奈良先端科学技術大学院大学)

  • 第53回 平成11年1月28日
    (第160回 細胞工学研究会講演会)
    演題 酵母の環境応答、グルタチオンによる解毒とグルコースセンサー
    熊谷英彦(京都大学大学院)

  • 第52回 平成11年1月22日
    (第159回 細胞工学研究会講演会)
    演題 真核生物の複製開始点の構造と複製開始の制御機構
    升方久夫(大阪大学大学院理学研究科)

  • 第51回 平成11年1月12日
    (第158回 細胞工学研究会講演会)
    演題 糖質の科学から生命工学への展開
    新家 龍(神戸大学)

  • 第50回 平成10年12月22日
    (第157回 細胞工学研究会講演会)
    演題 分裂酵母の細胞壁合成制御の解析-Cell Wall: Not So Boring?
    片山 諭(ICRF英国王立がん研究基金)

  • 第49回 平成10年11月10日
    (第156回 細胞工学研究会講演会)
    演題 光合成生物における過酸化水素代謝機構-アスコルビン酸ペルオキシダーゼの分子特性-
    石川孝博(島根大学生物資源科学部)

  • 第48回 平成10年10月22日
    (第155回 細胞工学研究会講演会)
    演題 太陽-地球-生命
    大西武雄(奈良県立医科大学)

  • 第47回 平成10年9月3日
    (第154回 細胞工学研究会講演会)
    演題 ダイズタンパク質の構造と機能の遺伝子工学的探索
    内海 成(京都大学食糧科学研究所)

  • 第46回 平成10年7月8日
    (第153回 細胞工学研究会講演会)
    演題 アラキドン酸リポキシゲナーゼの細菌の研究展開と生理機能
    吉本谷博(金沢大学医学部)

  • 第45回 平成10年3月12日
    (第151回 細胞工学研究会講演会)
    演題 葯の裂開がおこらないシロイヌナズナの変異体dad1のクローニングと機能解析
    石黒澄衞(京都大学大学院理学研究科)

  • 第44回 平成10年5月16日
    (第150回 細胞工学研究会講演会)
    演題 組換えDNA食品の安全性評価
    滝波弘一(島根大学生物資源科学部、遺伝子実験施設)

  • 第43回 平成10年3月6日
    (第149回 細胞工学研究会講演会)
    演題 分裂酵母における接合と減数分裂の制御機構
    飯野雄一(東京大学大学院理学研究科)

  • 第42回 平成10年2月20日
    (第148回 細胞工学研究会講演会)
    演題 転写因子はDNA複製も制御する
    村上洋太(京都大学ウィルス研)

  • 第41回 平成10年1月29日
    (第147回 細胞工学研究会講演会)
    演題 遺伝子組み換え農作物の開発と展望
    坂本智美(日本モンサントアグロサイエンス事業部)

  • 第40回 平成10年1月16日
    (第146回 細胞工学研究会講演会)
    演題 光合成細菌における光合成遺伝子の発現制御に関わる調節遺伝子クラスターの解析
    西村浩二(東京工業大学大学院生命理工学研究科)

  • 第39回 平成10年1月14日
    (第145回 細胞工学研究会講演会)
    演題 動物細胞を用いた物質生産効率の増強--アポトーシス抑制と細胞周期制御とを用いて
    寺田 聡(東京大学大学院工学研究科)

  • 第38回 平成10年1月20日
    (第144回 細胞工学研究会講演会)
    演題 酵素の不思議、キチナーゼとキトサナーゼの違いは何処に?-世界最大の未利用バイオマス、キチン質の利用を目指して-
    安藤昭一(千葉大学大学院自然科学研究科)

  • 第37回 平成9年11月26日
    (第143回 細胞工学研究会講演会)
    演題 ラン藻アラニン脱水素酵素の三次元構造とアミノ酸脱水素酵素の進化
    Patrick J. Baker(Krebs Institute for Biochemical Research, The University of Sheffield)

  • 第36回 平成9年11月20日
    (第142回 細胞工学研究会講演会)
    演題 新規酵素によるデンプンからの夢のトレハロース生産
    堺 修造(林原生物化学研究所)

  • 第35回 平成9年10月24日
    (第141回 細胞工学研究会講演会)
    演題 食品の新機能 その科学と実践の現状を見る
    荒井綜一(東京農業大学農学部)

  • 第34回 平成9年7月17日
    (第140回 細胞工学研究会講演会)
    演題 ヒトゲノム解析とこれからのライフサイエンス
    松原謙一(奈良先端科学技術大学院大学、(財)国際高等研究所)

  • 第33回 平成9年6月20日
    (第138回 細胞工学研究会講演会)
    演題 ペニシリンの側鎖合成酵素 N-Carbamyl-D-amino acid amidohydrolaseの酵素蛋白質の改変とその利用
    池中康裕(鐘淵化学工業精密化学品研究部)

  • 第32回 平成9年6月19日
    (第137回 細胞工学研究会講演会)
    演題1 トランスジェニックマウスを使った細胞接着分子E-セレクチンの機能の解析
    荒木正健(熊本大学遺伝子実験施設)
    演題2 Cre/loxシステムを用いたマウスでのゲノムエンジニアリング
    荒木喜美(熊本大学医学部)

  • 第31回 平成9年5月15日
    (第136回 細胞工学研究会講演会)
    演題 水素細菌のヒドロゲナーゼ遺伝子群の解析と清酒長野酵母の開発
    岡崎光雄(信州大学繊維学部)

 
| ~211 | 210~181 | 180~151 | 150~121 | 120~91 | 90~61 | 60~31 | 30~1 |
↑top
 
島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門
Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University
〒690-8504 松江市西川津町1060  Tel&Fax 0852-32-6109    
 
HOME/ 部門紹介/ 利用規則・利用申請手続き/ 利用申請書様式集/ 研究設備・機器/ オンライン機器使用予約/ 受託サービス/ RI実験施設/ スタッフ/ 植物ベクター/ 学術セミナー/ 技術講習会/ 公開講座・講演会/ 行事/ カレンダー/ 建物見取図・機器配置図/ 年報・通信/ 参加記/ キャンパスマップ/ リンク

Copyright © 2010- Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University All rights reserved.