第39回 平成10年1月14日
(第145回 細胞工学研究会講演会)
演題 動物細胞を用いた物質生産効率の増強−−アポトーシス抑制と細胞周期制御とを用いて
寺田 聡(東京大学大学院工学研究科)
 アポトーシス耐性能力といった有益な特質を、細胞生物学や遺伝子工学の手法を用いて動物細胞に付与する「機能性細胞の創製」、すなわちシンセシスの研究成果について講演していただきます。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org