島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター
遺伝子機能解析部門
HOME 部門紹介 利用規則・利用申請手続き 利用申請書様式集 研究設備・機器 オンライン機器使用予約 受託サービス RI実験施設 スタッフ 植物ベクター 学術セミナー 技術講習会 公開講座 行事 カレンダー 建物見取図・機器配置図 年報・通信 参加記 キャンパスマップ リンク
 
大学連携研究設備ネットワーク
 
HOME > セミナー
遺伝子機能解析部門セミナー
 
| ~211 | 210~181 | 180~151 | 150~121 | 120~91 | 90~61 | 60~31 | 30~1 |
 
回数をクリックすると内容をご覧になれます。講演者敬称略
 
 
  • 第30回 平成9年5月12日
    (第135回 細胞工学研究会講演会)
    演題 ユーグレナ(みどりむし)の生き様から未来を拓く
    宮武和孝(大阪府立大学農学部)

  • 第29回 平成9年5月8日
    (第134回 細胞工学研究会講演会)
    演題 肝細胞の周辺
    長屋 敦(島根大学生物資源科学部)

  • 第28回 平成9年3月13日
    (第133回 細胞工学研究会講演会)
    演題 植物の生体防御とキチナーゼ
    古賀大三(山口大学農学部)

  • 第27回 平成9年2月20日
    (第132回 細胞工学研究会講演会)
    演題 植物の液胞膜物質輸送系の分子構築と細胞生理学
    前島正義(名古屋大学農学部)

  • 第26回 平成9年2月7日
    (第130回 細胞工学研究会講演会)
    演題 DNA複製と突然変異
    秋山昌広(奈良先端大学院大学)

  • 第25回 平成8年12月13日
    (第128回 細胞工学研究会講演会)
    演題 細胞接着による細胞周期の制御及び細胞骨格形成のメカニズム
    木岡紀幸(京都大学農学部)

  • 第24回 平成8年11月28日
    (第127回 細胞工学研究会講演会)
    演題 アミノ酸発酵-技術開発における最近の話題
    河原義雄(味の素株式会社)

  • 第23回 平成8年11月25日
    (第126回 細胞工学研究会講演会)
    演題 微生物キチナーゼの構造・機能・進化
    渡邊剛志(新潟大学農学部)

  • 第22回 平成8年9月4日
    (第125回 細胞工学研究会講演会)
    演題 風味と食感の科学
    森 友彦(京都大学食糧科学研究所)

  • 第21回 平成8年7月25日
    (第123回 細胞工学研究会講演会)
    演題 細菌のセルロース生合成に関する遺伝子解析
    崔 龍洛(東亜大学)

  • 第20回 平成8年7月16日
    (第122回 細胞工学研究会講演会)
    演題 質量分析と生命科学-その最近の動向について
    上野民夫(京都大学農学部)

  • 第19回 平成8年7月11日
    (第121回 細胞工学研究会講演会)
    演題 稲根圏の窒素固定菌の遺伝子解析と改良
    魚住武司(東京大学大学院農学生命科学)

  • 第18回 平成8年5月29日
    (第119回 細胞工学研究会講演会)
    演題 Acetobacterの生産する超微細セルロースの総合研究
    (1)ナショナルプロジェクトによる研究推進
    (2)セルロースの製法開発と利用研究
    (3)生産菌の生化学と遺伝子工学
    吉永文弘、外内尚人(バイオポリマーリサーチ研究所)

  • 第17回 平成8年5月23日
    (第118回 細胞工学研究会講演会)
    演題 Molecular Pharmacology and Physiology of Cloned Drosophila GABA Receptors
    Alastair M. Hosie (Dept. Zoology, University of Cambridge)

  • 第16回 平成8年3月8日
    (第116回 細胞工学研究会講演会)
    演題 デンプン工学-デンプンの分子構造と生合成酵素の働き
    竹田靖史(鹿児島大学農学部)

  • 第15回 平成8年1月24日
    (第115回 細胞工学研究会講演会)
    演題 遺伝子の水平伝搬-タバコのゲノム中に見つかったアグロバクテリウムのrol遺伝子群-
    市川尚斉(Friedrich Miescher Institute)

  • 第14回 平成8年2月2日
    (第114回 細胞工学研究会講演会)
    演題 分裂酵母の増殖と分化を調節する因子の同定
    石原朋子(新技術事業団 岡山細胞変換プロジェクト)

  • 第13回 平成8年1月26日
    (第113回 細胞工学研究会講演会)
    演題 ABCスーパーファミリーの分子機構
    植田和光(京都大学農学部)

  • 第12回 平成8年1月19日
    (第112回 細胞工学研究会講演会)
    演題 毒性代謝物とグルタチオン
    木村 光(京都大学食糧科学研究所)

  • 第11回 平成7年12月12日
    (第110回 細胞工学研究会講演会)
    演題 高等植物の細胞壁酵素の機能と遺伝子発現-有用酵素アスコルビン酸酸化酵素とキチナーゼに着目して-
    江坂宗春(広島大学生物生産学部)

  • 第10回 平成7年11月10日
    (第109回 細胞工学研究会講演会)
    演題 トランスグルタミナーゼの開発とその応用
    松浦 明(天野製薬筑波研究所)

  • 第9回 平成7年10月27日
    (第108回 細胞工学研究会講演会)
    演題 菌類のシグナル伝達経路解明のアプローチ
    千 菊夫(信州大学農学部)

  • 第8回 平成7年10月19日
    (第107回 細胞工学研究会講演会)
    演題 花芽の化学誘導-アスパラガスとアサガオについて-
    岩村 俶(京都大学農学部)

  • 第7回 平成7年10月5日
    (第106回 細胞工学研究会講演会)
    演題 真核生物の染色体DNA複製-染色体はどの様にコピーされるのか?(分裂酵母を用いたアプローチ)-
    田中克典(島根大学生物資源科学部)

  • 第6回 平成7年9月6日
    (第105回 細胞工学研究会講演会)
    演題 食品アレルギー-アレルゲンの探索と低アレルゲン食品の開発-
    小川 正(徳島大学医学部)

  • 第5回 平成7年7月12日
    (第104回 細胞工学研究会講演会)
    演題 アラキドン酸代謝酵素の分子生物学
    吉本谷博(金沢大学医学部)

  • 第4回 平成7年6月8日(木)
    (第103回 細胞工学研究会講演会)
    演題 粘液細菌とその細胞間情報伝達
    山中 茂(味の素基礎研究所、東京農工大学共同研究センター)

  • 第3回 平成7年3月4日(土)
    (落合英夫教授退官記念講演会)
    (第100回 細胞工学研究会記念講演会)
    演題 水と光とラン藻と
    落合英夫(島根大学遺伝子実験施設、農学部)

  • 第2回 平成6年12月1日(木)
    (第92回 細胞工学研究会講演会)
    演題 蛋白質の立体構造をどのように決め、何がわかるか
    勝部幸輝(高輝度光科学研究センター、神戸薬科大学)

  • 第1回 平成6年11月28日(月)
    (島根大学遺伝子実験施設 竣工記念特別講演会) 「21世紀の文明 遺伝子」
    演題 細胞分化における情報伝達系
    川向 誠(島根大学農学部)
    演題 微生物による炭化水素代謝と環境浄化
    中澤晶子(山口大遺伝子実験施設、医学部)
    演題 病気の遺伝子科学
    畑中正一(京都大学ウイルス研究所)
 
| ~211 | 210~181 | 180~151 | 150~121 | 120~91 | 90~61 | 60~31 | 30~1 |
↑top
 
島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門
Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University
〒690-8504 松江市西川津町1060  Tel&Fax 0852-32-6109    
 
HOME/ 部門紹介/ 利用規則・利用申請手続き/ 利用申請書様式集/ 研究設備・機器/ オンライン機器使用予約/ 受託サービス/ RI実験施設/ スタッフ/ 植物ベクター/ 学術セミナー/ 技術講習会/ 公開講座・講演会/ 行事/ カレンダー/ 建物見取図・機器配置図/ 年報・通信/ 参加記/ キャンパスマップ/ リンク

Copyright © 2010- Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University All rights reserved.