島根大学 総合科学研究支援センター
遺伝子機能解析部門
HOME 部門紹介 利用規則・利用申請手続き 利用申請書様式集 研究設備・機器 オンライン機器使用予約 受託サービス RI実験施設 スタッフ 植物ベクター 学術セミナー 技術講習会 公開講座 行事 カレンダー 機器配置図 年報・通信 参加記 キャンパスマップ リンク
 
大学連携研究設備ネットワーク
 
HOME > お知らせ
利用申請書様式集
 
 第244回 遺伝子機能解析部門セミナー(2/28)
「亜鉛欠乏した植物の根において機能するDefensin-like family proteinの解析」
 
第244回 遺伝子機能解析部門セミナー
第366回 細胞工学研究会講演会

日時:平成31年2月28日(木)15時〜16時
場所:島根大学生物資源科学部1号館1階会議室(203)

演題:亜鉛欠乏した植物の根において機能するDefensin-like family proteinの解析
演者:深尾 陽一朗 氏(立命館大学・生命科学部)

 亜鉛は植物にとって必須の微量元素である。このため、亜鉛欠乏した植物では、葉の黄化や根の伸長抑制などの生育阻害が見られる。我々は、亜鉛欠乏したシロイヌナズナの根において応答する遺伝子群あるいはタンパク質群を調べるために、マイクロアレイ解析と定量的なプロテオーム解析(iTRAQ解析)を実施した。この結果、プロテオーム解析からは、亜鉛輸送体に加えて3種類のDefensin-like family proteinが亜鉛欠乏に応答して上昇するタンパク質として同定された(Inaba et al., 2015)。Defensin-like family proteinは、N末端にシグナルペプチドを有しており、成熟型は50アミノ酸程度であることから、分泌して機能するペプチドであると推定されるが、機能は全く知られてない。そこで我々は、変異体および過剰発現体を用いた解析を行ったが、亜鉛欠乏条件など複数の生育条件下において明確な表現型を示さなかった。そこで、pATsi (Paralogs and Singleton Genes from Arabidopsis thaliana)によりパラログ解析を実施したところ、7種類のDefensin-like family proteinがファミリーを形成していることが示された。このうちの一種類は、マイクロアレイ解析において亜鉛欠乏特異的に上昇するDefensin-like family proteinであり、プロテオーム解析で同定されたDefensin-like family proteinと機能的に相補し合っていることが予想された。そこで、これらの二重変異体を作成したところ、野生型と比較して根の長さが伸長することが示された。本セミナーでは、亜鉛欠乏時したシロイヌナズナの根において機能するDefensin-like family proteinを発見した経緯と、これまで行った機能解析の結果を報告する。

参考:Inaba et al., Plant J., 2015, 84 (2), 323-334.

(2019.02.07)
 

前へ お知らせ一覧 後へ


HOME

↑top
 
島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門
Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University
〒690-8504 松江市西川津町1060  Tel&Fax 0852-32-6109    
 
HOME/ 部門紹介/ 利用規則・利用申請手続き/ 利用申請書様式集/ 研究設備・機器/ オンライン機器使用予約/ 受託サービス/ RI実験施設/ スタッフ/ 植物ベクター/ 学術セミナー/ 技術講習会/ 公開講座・講演会/ 行事/ カレンダー/ 配置図/ 年報・通信/ キャンパスマップ/ リンク

Copyright © 2010- Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research,Organization for Research and Academic Information, Shimane University All rights reserved.