第94回 平成15年1月16日
(第202回 細胞工学研究会講演会)
演題 新機能性を付加した加工米の開発研究
森山信雄(アルファー食品)
 米は世界第二位の食料生産量であり、近未来の食料危機が重要課題となる我々にとって小麦やトウモロコシよりも生産量の増加が期待出来る重要な農産物であります。しかし、食糧自給率が格段に低い日本において、食の浪費が見過ごされ、主食の米の生産量、消費量が共に減少していることは日本人として憂慮するものがあります。
 当り前のことですが、食は「医食同源」、「身土不二」の如く、ヒトの心身に大きく作用するものです。弊社は、これを「米」の観点より考え、自然で美味しく健康に良い「玄米エキス米」の研究開発に成功しました。また、島根大学他との共同研究のお蔭を持ちまして「日本農芸化学技術賞」という名誉ある受賞を賜りました。
 ベンチャーであれニッチであれ企業成功秘訣は、第一に「ビジョン」がある。第二に「SWOT分析」が出来る。そして、第三に「人とのつながり」があることの三点が重要かと思います。
 弊社の成功事例が少しでも皆様のお役に立てばと考え、これらの三点を具体的かつ面白く伝えることが出来ればと考えております。(演者記)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org