第81回 平成14年1月22日
(第189回 細胞工学研究会講演会)
演題 県内食品素材の機能性とその応用
山崎幸一(島根県産業技術センター)
 島根の食品素材の、注目され始めた優れた機能を開発、解析して、それを応用する興味深い実用研究を、高機能食品の研究開発で大変活躍中の演者に、興味深くご紹介いただきます。本研究は5千年の伝統を持つ医食同源を機能的に発展させるもので、高齢化社会を迎え益々注目されています。食品素材の新しく優れた機能性を活かした商品化への技術開発は、農業&高齢県島根の発展に重要な技術と言えましょう。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org