第77回 平成13年11月21日
(第184回 細胞工学研究会講演会)
演題 動脈硬化発症をおこす低比重リポ蛋白酸化におけるリポキシゲナーゼの関与
吉本谷博(金沢大学大学院)
 低比重リポ蛋白(LDL、Low density lipoprotein)の酸化は、動脈硬化巣形成の最初の重要なステップと考えられている。我々はこれまで、血管内皮下のマクロファージに発現している12/15−リポキシゲナーゼがLDLの酸化に必須であることを示してきた。しかしながら、マクロファージ細胞内に存在する12/15−リポキシゲナーゼが、どのようにして血清中のLDLを酸化するかについては明らかにされていない。マクロファージによるLDLの酸化には、なんらかの細胞膜受容体が関与していると考えられる。マクロファージに発現してLDLに結合する受容体には、LDL receptor、LDL receptor-related protein(LRP)や scavenger receptor などが知られている。これらの受容体がどのようなメカニズムで、LDLの酸化・動脈硬化発症に関与するかについて紹介したい。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org