第205回 遺伝子機能解析部門セミナー
(第323回 細胞工学研究会講演会)
演題 Sperm guidance in mammals
哺乳類における精子誘導
Professor Michael Eisenbach (Department of Biological Chemistry, The Weizmann Institute of Science, Rehovot, Israel)
Unlike a dogma that prevailed until not-too-long-ago, mammalian sperm cells must be guided for reaching the egg in the female genital tract. The guidance involves long-range and short-range mechanisms, which include thermotaxis and chemotaxis, respectively. In the talk I will address and resolve a number of major questions related to these two processes. Two examples: What are the identities of the thermosensors and the signaling pathway that endow mammalian sperm cells with the puzzling capacity to respond to temperature changes as small as <0.0006°C? How do mammalian sperm cells sense a concentration gradient of a chemoattractant and respond to it?

 比較的最近まで信じられていたドグマに反して、哺乳類の精子は雌体内で誘導されることで卵に到達する。この誘導には、長距離と近距離に作用する2つのメカニズムがあり、それぞれ走温性と走化性が関与する。本講演では、これら2つのプロセスに関わる数多くの主要な問題を取り扱い、それらを解き明かす。例を挙げると、わずか0.0006℃以下の温度差を感じる不思議な能力をもつ哺乳類精子の温度センサーの正体やそのシグナル経路は何か?如何に精子は誘引物質の化学勾配を検知し、それに応答するか?
 エイセンバッハ博士は大胆な仮説でヒトを含む哺乳類生殖の神秘に迫る世界でも数少ない研究者です。本講演では、分野外の人にも分かり易く研究の進展をお話頂く予定です。日本語での質問も受け付けますので多くのご来聴を歓迎いたします。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org