第196回 平成24年9月14日
(第311回 細胞工学研究会講演会)
演題 Entropy controlled interactions of some molecules possessing aromatic moieties
Sandor Kunsagi-Mate(University of Pécs)
 Sandor Kunsagi-Mate先生は溶液中における分子間相互作用に関する研究を精力的に行われており,特にカリクサリン(calixarene)などのホスト-ゲスト系での包接錯体形成反応においての自由エネルギー変化などを実験と計算を併用して研究されています.今回は分光学および量子化学の手法を用いた構造解析について,理論化学の立場からご講演をしていただきます。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org