第193回 平成24年7月9日
(第309回 細胞工学研究会講演会)
演題 ニッスイのR&Dへの取組み
阿部 晃久(日本水産株式会社バイオ生産研究所)
 ニッスイは2011年(平成23年)5月に創業100年を迎えるにあたり、新しい研究、開発の拠点を建設し、「東京イノベーションセンター」と命名しました。東京イノベーションセンターはニッスイの研究、開発、分析の機能を統合して日本と世界に点在するグループの、研究の、開発の、分析の中心として役割を担うものです。本日はニッスイのR&Dについて簡単にご紹介いたします。(演者記)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org