第18回 平成8年5月29日
(第119回 細胞工学研究会講演会)
演題 Acetobacterの産出する超微細セルロースの総合研究
(1)ナショナルプロジェクトによる研究推進
(2)セルロースの製法開発と利用研究
(3)生産菌の生化学と遺伝子工学
吉永文弘、外内尚人(バイオポリマーリサーチ研究所)
 酢酸菌が細胞外にセルロースを生成することは以前から知られていましたが、これが植物セルロースよりも高純度で超微細構造を有することが明らかとなり、新素材として注目されるようになりました。そしてナショナルプロジェクトとして取り上げられ、基礎研究から利用開発まで強力に推進されています。その全貌を紹介解説していただきます。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org