第158回 平成20年4月4日
(第269回 細胞工学研究会講演会)
演題 GABA receptors:recent progress based on studies of splicing,editing and gating
David B.Sattelle(University of Oxford)
 GABAレセプターは神経伝達物質GABAによって開口する5量体イオンチャネルであり,神経系において抑制性の制御を担っている.哺乳類では,このレセプターを構成するサブユニット19種がすべてクローニングされ,すでに様々な構成でのレセプターの機能解析が行われた.本講演では,これらのこれまでの研究に加えて,スプライシングやエディティングによって生じるチャネル機能の多様性について分かりやすくお話ししていただきます。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org