第13回 平成8年1月26日
(第113回 細胞工学研究会講演会)
演題 ABCスーパーファミリーの分子機構
植田和光(京都大学農学部)
 癌細胞は抗ガン剤を多用すると耐性を獲得し、癌細胞に抗ガン剤が効かなくなっていく現象があります。その原因がABCスーパーファミリーに属するP糖蛋白質であります。ABCスーパーファミリーは共通したATP結合領域を持つトランスポーターの一群であり、P糖蛋白質の他、ヒトではその異常が重篤な遺伝病嚢胞性繊維症をひきおこすCl-チャネルのCFTRなどが含まれています。P糖蛋白質は、ATP加水分解のエネルギーを用いて抗ガン剤を細胞内から細胞外へ排出することによって癌細胞を多剤耐性にしています。本講演ではP糖蛋白質の分子機構を中心に、ABCスーパーファミリーについて概説していただきます。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org