第125回 平成16年12月16日
(第233回 細胞工学研究会講演会)
演題 知的財産で創造的未来を!!「知的財産の基礎と活用」
秋廣高志(筑波大学大学院博士研究員)
 小泉首相自ら「知的財産戦略本部長」に就任されるほどに、今や知的財産はわが国の重要な国家戦略となっています。特に「産学連携」や「国立大学独立法人化」等大学と関連する最近の施策は、国の知的財産政策と一体のものとして進められております。
 一方で大学発ベンチャーの促進など、学生を含む大学関係者には大学を基地にした活躍に大きな期待が寄せられているだけでなく、理工系の学生には卒業後も産業技術や科学技術の発展に大きい役割が求められております。
 今回は日本の未来を担う故郷の島根県在住の皆さんに、知的財産の入り口へのご案内と、知的財産をどのように活かせるのかの課題に対し、少しでもお役に立つお話ができればと思っております。(演者記)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org