第123回 平成16年12月7日
(第231回 細胞工学研究会講演会)
演題 日本発の健康科学が21世紀を支える
西山 徹(味の素株式会社)
 味の素(株)は、アミノ酸をはじめとする各種素材のもつ健康維持機能を活かすことにより、「アミノバイタル」(BCAAなどのアミノ酸)、「健康サララ」(植物ステロール)などの栄養機能性食品、特定機能性食品を開発してきた。今後もユニークな素材とそれを応用した商品のグローバル展開を通じ、世界に向けて「日本発の健康科学」を発信していきたいと考えている。今回は当社における機能性食品事業への取り組みを実例と共に紹介したい。(演者記)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org