第119回 平成16年11月11日
(第227回 細胞工学研究会講演会)
演題 機能性食品とニュートリゲノミクス
阿部啓子(東京大学大学院)
 生活習慣病を予防する機能性食品がいま国際的に注目されている。日本から発信されたこの"機能性食品"のコンセプトと研究の発展を概説する。さらに、最近、このような食品の機能評価にゲノム情報技術を利用する新しい学問領域"ニュートリゲノミクス"が誕生した。本セミナーではその具体的な研究事例を紹介し、加えて、この分野の世界の動向についても述べる。(演者記)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org