第100回 平成15年7月31日
(第208回 細胞工学研究会講演会)
演題 醸造と醸造微生物
伊藤 清(酒類総合研究所)
 醸造は科学と芸術の融合です。醸造物のおいしさを解明するには客観と主観の両面からアプローチしなければならないところが、一般のバイオテクノロジーとは異なる点です。醸造の主役はもちろん醸造微生物ですが、我々は長い年月をかけてそれらを手に入れました。醸造微生物は日本の風土の産物といえるものですが、同時に風土に合うような高度な培養方法を生み出しました。これらの意義を、バイオサイエンスという新しいメスで解剖したいと考えます。(演者記)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org