第1回 平成6年11月28日(月)
(島根大学遺伝子実験施設 竣工記念特別講演会)
「21世紀の文明 遺伝子」
演題 細胞分化における情報伝達系
川向 誠(島根大学農学部)
演題 微生物による炭化水素代謝と環境浄化
中澤晶子(山口大遺伝子実験施設、医学部)
演題 病気の遺伝子科学
畑中正一(京都大学ウイルス研究所)
 島根大学遺伝子実験施設が活動を開始しました。その出発を記念して、特別講演会を開催いたします。最初に主として酵母の細胞分化、増殖プロセスについて、川向先生にその分子レベルからの研究の展開と展望をお話頂きます。山口大学の中澤先生にはPseudomonas菌による芳香環の酸素添加酵素による開裂代謝反応とその環境汚染物質除去へのアプローチについて、最後に畑中先生にはエイズウィルス、がんウィルスをとりあげ、多くの現代の難病を克服するための、遺伝子診断、遺伝子治療の実際を、いずれも分かりやすくお話頂きます。多くの方の御参加をお待ちしております。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org