第99回 遺伝子機能解析分野技術講習会
第9回 島根大学バイオイメージング研究会技術講習会

「共焦点レーザー蛍光顕微鏡TCS SP5オプション HyDの説明会」
バイオイメージング解析室設置のライカ製共焦点レーザー蛍光顕微鏡TCS SP5に、超高感度蛍光検出器HyDが1ch設置されましたので、下記のスケジュールで操作説明会を開催いたします。
1 日時
 平成25年4月17日(水)13時30分より30分程度
 (参加者が多数の場合は複数回に分けて、開催します)

2 場所
 総合科学研究支援センター遺伝子機能部門棟1階111室(バイオイメージング解析室)

3 連絡先
 バイオイメージング解析室管理者 西村浩二(内線:2810、外線:0852-32-6288)

 導入される高感度蛍光検出器HyDは、S/N比が大幅に改善され、従来のライカの蛍光検出器PMTの最大約10倍ほど感度が上昇します。微弱な蛍光の検出が可能になる、また、レーザーパワーを抑えられ、タイムラプス撮影時の蛍光の褪色を低減させることが可能になる、などの解析能力のさらなる向上が見込まれます。また本検出器の設置により、蛍光検出が同時に3chまで可能になります。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org