第134回 遺伝子機能解析部門技術講習会

「紫外可視分光光度計 Evolution 220 取扱説明会 」
下記のように取扱説明会を開催します。ご興味のある方は是非ご参加下さい。
日時: 平成30年3月20日(火) 14:00~ 約1.5時間
場所: 遺伝子機能解析部門棟3階 P2遺伝子実験室(310)
内容: Thermo Fisher社 紫外可視分光光度計 Evolution 220 の取扱説明

遺伝子機能解析部門では紫外可視分光光度計 Evolution 220 (Thermo Fisher社)を導入しました。Evolution 220は以下のような特徴を持っています。
  • ウォームアップ不要、長寿命のキセノンフラッシュランプを使用
  • ベースライン安定度の高いデュアルビーム光学系を採用
  • タブレットによりコントロールするため、USBメモリなどにデータ保存可能(操作的にはNanoDropと近いです)
  • 納品時はシングルセルのみですが、幅広い分野で使用できるアクセサリーを測定ニーズに合わせて選択可能


 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org