第123回 遺伝子機能解析部門技術講習会
第21回 島根大学バイオイメージング研究会技術講習会

「正立型共焦点レーザー蛍光顕微鏡説明会8」
 平成21年度補正予算措置により、総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門棟1階111室(バイオイメージング解析室、松江キャンパス)に正立型共焦点レーザー蛍光顕微鏡(Leica社製TCS SP5)を設置しました。
 これまで七回、本機器の説明会を開催し、メーカーの技術担当者や機器管理者が本機器で可能な実験やそのための機器操作方法の説明を行い、多数の教員、学生の方々に本機器をご利用いただいております。本機器を利用するためには本説明会に参加していただく必要があります。
 平成28年度も機器管理者による説明会を、下記のとおり開催する予定です。恒例の共焦点レーザー顕微鏡を活用した研究セミナーの開催については、日程が決まり次第ご案内いたします。
 新年度になり、本機器を初めて使用して実験を行いたい方(教員、指導学生)、本機器を利用した遺伝子機能解析部門との共同研究をお考えの方で、説明会にまだ参加されていない方は、是非ご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 なお、説明会への参加者数を事前に把握したいため、参加をご希望される方は、5月16日(月)までに総合科学研究支援センターの西村にご連絡ください。(
 また、参加者数が非常に多い場合は日程の再調整の可能性が生じますことをご了承ください。
 本機器の実際の使用に際しては、利用者の方々に機器を正しく使用して快適に実験を行っていただけますよう、本説明会とは別に初回利用時に西村が操作方法を個別にご指導いたします。


1 「共焦点レーザー顕微鏡(ライカSP5)についての解説」
日時: 平成28年5月18日(水)13:30~14:15
場所: 島根大学生物資源科学部3号館2階マルチメディア演習室2
講師: 島根大学研究・学術情報機構総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門 西村浩二
 
2 「ライカSP5を使った操作説明(実験講習)」
日時: 平成28年5月18日(水)14:30~17:00(45分間の講習を複数回開催)
場所: 総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門棟1階111室バイオイメージング解析室
講師: 島根大学研究・学術情報機構総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門 西村浩二

[本件の問い合わせ先]
遺伝子機能解析部門 西村
内線:2810

(遺伝子機能解析部門および島根大学バイオイメージング研究会共催)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org