第115回 遺伝子機能解析部門技術講習会

「シャープ社自動転写式電気泳動装置 DIRECT BLOTの紹介:
 SDS-PAGE~転写までの作業の効率化が可能」
日時: 平成27年11月20日(金)13:00-15:00
場所: 島根大学生物資源科学部1号館10階、1001実験室
内容: 自動転写式泳動装置(シャープDIRECT BLOT)の説明とデモ
 DIRECT BLOTはSDS-PAGEから転写までを自動化することにより、ウェスタンブロットの高再現性・高転写効率を実現することができる装置です。排出転写方式という原理を用いてSDS-PAGEゲルから排出される分離タンパク質を、膜に直接・連続的に転写します。この原理を利用し、膜移動のスピード調節により、特定領域のズームが可能となっております。また、SDS-PAGEから転写までを連続的に行うことにより、転写までを最短64分で行うことができます。
 皆様の貴重なお時間をいただきますが、ぜひ皆様の研究の手助けになると思いますのでご参加下さい。

機器の詳細は、下記サイトをご覧下さい。
http://www.sharp.co.jp/sms/protein/bm-80/bm-80.html

 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org