BZ-X700使用心得
予約
オンライン予約システムにより行います。以下の各事項を守ってください。
  1. 利用者は一度に一回だけ予約できます。一回1-3時間程度の利用としてください。タイムコースで長時間使われる場合は、西村にあらかじめご連絡ください。
  2. 利用が済んでから次の予約を入れることができます。
  3. 予約時間の変更やキャンセルを行う場合はすみやかにオンライン予約システムにより、修正・変更を行ってください。

顕微鏡の利用方法
  1. サンプルのステージはPCのすぐ下の引き出しにあります。
  2. データの保存先は、ライブラリー>ドキュメント>User data>201511-201603>Matsuzaki Lab などフォルダーを作成し、そこにデータを保存してください。2016年4月からは新たに201604-201609というフォルダーを作成し、フォルダー201511-201603は廃棄しますので、データのバックアップをよろしくお願いします。
  3. 観察が終了したら、Bz-X Viewerのメンテナンスをクリックして、メタルハライドランプの使用時間を使用簿に記録してください。
  4. ワークステーションを全てシャットダウンしてください。
  5. お手持ちのUSBにデータを保存する際は、かならず備え付けのPCでウイルスチェックをし、使用前後でウイルスチェックの有無を使用簿に記載してください。
  6. 不具合、故障等がありましたら、速やかに西村(knishimu@life.shimane-u.ac.jp)まで連絡願います。
  7. 機器の詳しい利用方法は、直接遠藤さんにお尋ねしてください。
  8. 平日の深夜や土日祝日の予約は管理者不在の場合が多くトラブルに対応できないので、できるだけこの時間帯の予約は避けてください。どうしても利用を希望する方は各人が管理者なしでトラブルに対応する自覚と責任を持って利用してください。
  9. 予約のことで不明な点や良いアイデアがありましたら、管理者までメールでご連絡ください。

入退室
自由に出入りできます。最後に退出する際は、部屋の電気の消し忘れに注意してください。

使用記録
310室の使用記録帳に、日付、利用者、BZ-X700の使用時刻、メタルハライドランプの積算使用時間、USB利用の場合、使用前後のウイルスチェックの結果を記録してください。また異常があった場合はメンテナンスのために備考欄に記載してください。

空調・デスクトップPC
スイッチを常時ONにしておいてください。デスクトップPCの設定は変えないでください。

データーの保存
310室の顕微鏡備え付けのPCのデスクトップの ライブラリー>ドキュメント>User data>201511-201603>Matsuzaki Lab などフォルダーを作成し、そこにデータを保存してください。また、PCの容量の都合から、定期的にデータを廃棄いたしますので、各自バックアプをお取りください。
具体的には、今後、2016年4月からは新たに201604-201609というフォルダーを作成し、フォルダー201511-201603は廃棄しますので、データのバックアップをよろしくお願いします。お手持ちのUSBにデータを保存する際は、かならず備え付けのPCでウイルスチェックをし、使用前後でウイルスチェックの有無を使用簿に記載してください。

整理整頓
次の利用者のためにPC周辺はきれいに整理整頓しておきましょう。

問い合わせ
不明な点、問い合わせがありましたら、遺伝子機能解析部門302室西村オフィスまで。
(内線2810、32-6288)
また故障がありましたらすみやかに連絡ください。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org