データの取得方法
以下の要領で学内LAN経由で顕微鏡のデータを学内に限って取得できます。
  1. バイオイメージング解析室の顕微鏡備え付けデスクトップPCのHDのデータをコピー&ペーストで、PC備え付けのUSBメモリー(FALCON、EAGLE)に移し、111室作業台にあるデスクトップPC(idenshi2-pc)のstorage Cフォルダーにデータを移してください。。

  2. 学内のPCからLAN経由でidenshi2-pcのstorage Cフォルダーにアクセスできます。

    Windowsの場合:
    マイコンピューター>\\idenshi2.ipc.shimane-u.ac.jp

    Machintoshの場合:
    Finder ウインドウ>移動>サーバーへ接続>サーバーアドレス欄を
    smb://idenshi2.ipc.shimane-u.ac.jp/storage-C
    とし、接続をクリック

    いずれの場合も共有するためにはpasswordが必要になります。パスワードは管理者の西村から直接お聞きください。

  3. 上記の方法でフォルダーに接続できない場合、接続しているネットワークが学内ネットワーク経由でなかったり (wifiなど) 、ネットワーク共有設定が有効になっていない状態が考えられますので、設定をご確認ください。

  4. 取得した共焦点レーザー顕微鏡のデータについては、専用のビュアーソフトLAS AF lite(111室の共焦点レーザー顕微鏡備え付けのPC(全視野蛍光顕微鏡の右側PC)にインストールされているLAS AFの簡易版、Windows版のみ)で簡単な解析をすることができます。LAS AF liteについては<機器・技術情報>の8,9,10のリンクを参照ください。

  5. 111室のPC(idenshi2-pc)は常時ON、さらにネットワークとのアクセスを常時ONにするためにスリープ機能はOFFになっています。モニターを消耗しないように、普段はモニターはOFFになっていますので、利用時のみONにして、使い終わったらモニターのスイッチはOFFにしてください。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org