バイオイメージング解析室使用心得
共通備品
ミリQ、ビーカー、スポイト、レンズ洗浄液、レンズふき、ティッシュ、両面テープです。
それ以外に必要なものは各自で用意してください。

予約
オンライン予約システムにより行います。以下の各事項を守ってください。
  1. 利用者は一度に一回だけ予約できます。一回の予約時間は3時間を超えないでください。
  2. 利用が済んでから次の予約を入れることができます。
  3. 予約時間の変更やキャンセルを行う場合はすみやかにオンライン予約システムにより、修正・変更を行ってください。 さらに、予約当日キャンセルする場合は、前後の予約者にキャンセルの旨、連絡し、レーザーが不必要にONのままの状態にならないように配慮してください。特に、自分が予約当日の最後の利用者に該当する場合は、バイオイメージング解析室111に直接来て、レーザーを含むワークステーションのスイッチを自らオフにしてください。
  4. 平日の深夜や土日祝日の予約は管理者不在の場合が多くトラブルに対応できないので、できるだけこの時間帯の予約は避けてください。どうしても利用を希望する方は各人が管理者なしでトラブルに対応する自覚と責任を持って利用してください。
  5. コンフォーカルを使わず、すでに保存されたデータを再解析するだけの利用者は、予約画面の「共焦点レーザー顕微鏡(PCのみ)」のオンライン予約を行ってください。原則として、日中はコンフォーカル利用者を優先させますので、「PCのみ」の利用者は、予約が混雑している時期はコンフォーカル利用者と協議の上、柔軟に対応していただくようお願いします。
  6. 予約のことで不明な点や良いアイデアがありましたら、管理者までメールでご連絡ください。
  7. 利用者は「利用上の注意のファイル」を熟読の上、予約を行ってください。
入退室
使用時に301室から111室の鍵を持ち出し、解錠します。使用後は施錠し、301室に鍵を戻してください。部屋の電気の消し忘れに注意してください。

使用記録
111室の使用記録帳に、日付、利用者、光源、CCDカメラの使用状況を記録してください。また異常があった場合はメンテナンスのために備考欄に記載してください。

空調・ラップトップPC
スイッチを常時ONにしておいてください。デスクトップPCの設定は変えないでください。

データーの保存
共焦点レーザー顕微鏡備え付けのPC(全視野蛍光顕微鏡の右側PC)に各自専用のフォルダーを作成して保存してください。定期的に遺伝子機能スタッフがバックアップを行います。PCのデータを室外へ持ち出す場合は、共焦点レーザー顕微鏡備え付けのPC専用のUSBメモリー(FALCON)を用いて、111室の作業台にあるデスクトップPC(idenshi2-pc)のstorage-Cフォルダーにデータを移してください。その後、LAN経由でこのデータを取得することが可能です(なお、LAN経由でのデータ取得方法の詳細については、<機器・技術情報>の7. データの取得方法をご覧ください)。
また共焦点レーザー蛍光顕微鏡ではなく、冷却CCDカメラを使って、全視野蛍光顕微鏡で取得した画像を保存する場合も、共焦点レーザー蛍光顕微鏡の場合と同様に、備え付けの備え付けのPC(全視野蛍光顕微鏡の左側PC)に保存し、データの持ち出しは、専用のUSBメモリー(EAGLE)で行って下さい。データ転送の際の空き容量確保のため、この備え付けのUSBメモリー(FALCON、EAGLE)内あるいはデスクトップPC(idenshi2-pc)のstorage Cフォルダー内にある個人データは本人の許可無く第三者が削除できることにします。くれぐれも各自のUSBメモリーを絶対に使用しないでください。

整理整頓
次の利用者のために実験後は作業台をきれいに整理整頓しておきましょう。

顕微鏡作業
  1. 極めて高価な機器なので取り扱いには十分注意すること。特に、対物レンズの取り扱いには細心の注意をはらうこと。素手で触らない、物にぶつけないよう、厳守願います。
  2. 共焦点レーザー顕微鏡の利用説明(会)を受けた方だけが、この共焦点レーザー顕微鏡を使用できます。
  3. システムのstart up、shut downはマニュアル(<機器・技術情報>の2. ライカTCS SP5簡易マニュアル)に従ってください。双方で順序が異なるので要注意です。
  4. LAS AFの立ち上げは、備え付けの全視野蛍光顕微鏡のスイッチが入り、立ち上げ操作が終了し、タッチパネルが初期画面に戻ってから行ってください。LAS AFの立ち上げが顕微鏡の起動よりも早すぎるとPCと顕微鏡の通信不良が起こる可能性があります。
  5. レーザーや水銀ランプを必要以上に使用しないでください。水銀ランプと405nmレーザーは5分まてば、オンまたはオフが可能です。ガスレーザー(405nmレーザー以外)はスイッチオン後、安定するのに最低15分かかります。またスイッチオフ後に再スイッチオンには1時間待たなければなりません。
  6. 利用者は各自の利用開始時刻の30分前に、ワークステーションの立ち上げを行い、予約時刻までにレーザーが安定するようにしておいてください。
顕微鏡使用終了後
  1. 対物レンズは10倍に戻してください。
  2. 液浸レンズ(Immersion、水浸、油浸レンズ)を使用した場合は、専用のレンズペーパー(Whattman 105)を使い、始めは乾拭き、次にレンズペーパーにレンズクリーナーをつけて拭いてください。
  3. 水銀ランプ、405nmレーザーは必ずOFFにしてください。
  4. 次の予約が2時間以内に入っていればガスレーザー(405nmレーザー以外)のスイッチはオンの状態のまま、アプリケーションLAS AFだけを終了させます。一方、次の予約まで2時間以上時間が空く場合は、ワークステーションをすべて終了させてください。
問い合わせ
不明な点、問い合わせがありましたら、遺伝子機能解析部門302室西村オフィスまで。
(内線2810、32-6288)
また故障がありましたらすみやかに連絡ください。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org