中国地方バイオネットワーク受託解析サービス説明会について(通知)
 中国地方国立大学の遺伝子実験施設が相互受託サービスを始めました。これまで各大学で行っていた特長のある受託サービスを中国地方国立大学に拡大し、新たなサービスを提供いたします。機器が壊れたが至急データが欲しい、外部受託では不可能だと言われた微量の解析などをご相談いただけます。島根大学では、主に固定試料スライドの共焦点レーザー蛍光顕微鏡観察を受託いたします。岡山大は、切片スライドから質量分析を行うイメージングMASSを含むプロテオーム解析を受託いたします。山口大は、ゲノムDNAやRNA、さらに安価なSAGE解析等の各種次世代シーケンスサービスを提供いたします。広島大は電子顕微鏡、鳥取大はセルソーターのサービスを提供いたします。
 この度、各受託解析サービスを担当する方にご来校いただき、受託解析サービスの説明会を下記の日程で開催いたしますので、ご興味のある方はぜひ説明会にご参加いただきますようご案内いたします。

日時: 平成28年7月1日(金)15:00~16:35
場所: 松江キャンパス 教養講義室棟2号館4階702教室
出雲キャンパス 講義棟3階L3講義室
□遠隔講義システムにより実施(松江会場発信)
内容: サービス相互利用の説明
各大学からのサービス説明(鳥取大、島根大、岡山大、広島大、山口大)
説明会終了後、個別相談会(1時間程度)
共催: 国立大学法人中国地方バイオネットワーク連絡会議
島根大学 研究・学術情報機構総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門

岡山大学は7月13日(水)、山口大学では7月28日(木)に説明会を予定しています。

参加を希望される方は事前に総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門事務室まで で参加人数をご連絡ください。

<参考>
国立大学法人中国地方バイオネットワーク連絡会議の詳細は下記HPをご覧ください。
http://grc2.med.tottori-u.ac.jp/bionet/
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org