平成26年度 第2回 遺伝子機能解析部門機器談話会
談話会報告
平成26年度 第2回遺伝子機能解析部門機器談話会にご参加いただきありがとうございました。

当日いただきましたご意見、ご提案の報告をいたします。

(1)オールインワン蛍光顕微鏡
(例)http://www.keyence.co.jp/microscope/special/bio/
暗室不要で簡単な操作により良好なデーターが得られる。

(2)コロニーピッカー(微生物用)

(3)マイナス80度フリーザー

(4)DNA/RNA/タンパク質定量アッセイシステム

その他
DNAシークエンサー3130xlの遠隔モニター・操作。
遠心エバポレーター修理。
Sequence Kitの共同購入。
実験情報に関する交流(各研究室で用いられている方法の公開)


今回はハードに関することだけではなく、ソフト面でもご提案をいただきました。実験情報の公開に関しましては、利用者に限定した形の公開方法を進めたいと考えています。現在、機器のマニュアルにつきましては利用者に限定してwebsiteで閲覧できるようにしています。各研究室の実験情報につきましても同様の方法を検討したいと思います。
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org