大学連携バイオバックアッププロジェクト(IBBP)説明会の開催について(通知)
 大学・研究機関での安定した研究教育活動を支えるため,生物遺伝資源の保管,災害時の生物遺伝資源の回復などの研究活動の支援を行うとともに,今後大規模な災害が起きた場合にも貴重な生物遺伝資源の毀損・消失を回避し,速やかに研究活動を再開するために,生物遺伝資源を確実にバックアップする体制が自然科学研究機構に大学連携バイオバックアッププロジェクトセンターとして整備されました。
 この度,大学連携バイオバックアッププロジェクトセンターの大学サテライト拠点である大阪大学 遺伝情報実験センター 三輪准教授による同プロジェクトの説明会を,下記の日程で開催いたしますのでご参加いただきますようご案内いたします。
日時: 平成25年11月20日(水)16:30 〜 17:30
場所: 松江キャンパス 教養講義室棟2号館4階702教室
出雲キャンパス 講義棟3階31番講義室(中継)
演題: 「生物種の保存と大学連携バイオバックアッププロジェクト
(IBBP; Interuniversity Bio-Backup Project for Basic Biology)」
演者: 三輪岳志(大阪大学遺伝情報実験センター)

※参加を希望される方は11月15日(金)までに学術国際部研究協力課までご連絡願います。

【参加申込み・問い合わせ先】
学術国際部研究協力課学術研究支援グループ
(内線:2145〔医学部からは92145〕)

<参考>
大学連携バイオバックアッププロジェクト(IBBP)の詳細は下記HPをご覧下さい。
http://www.nibb.ac.jp/ibbp/

「平成26年度 科学研究費助成事業ー科研費ーの概要等」にIBBPの内容が記載されています。
(7ページ)
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/03_keikaku/data/h26/I/h26_koubo_02.pdf

新聞報道(PDF)
 
←戻る


©島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門 shimane-u.org