島根大学 総合科学研究支援センター
遺伝子機能解析部門
HOME 部門紹介 利用規則・利用申請手続き 利用申請書様式集 研究設備・機器 オンライン機器使用予約 受託サービス RI実験施設 スタッフ 植物ベクター 学術セミナー 技術講習会 公開講座 行事 カレンダー 機器配置図 年報・通信 参加記 キャンパスマップ リンク
 
大学連携研究設備ネットワーク
 
HOME > お知らせ
利用申請書様式集
 
 第236回 遺伝子機能解析部門セミナー(12/8)
「DNA replication-coupled histone modification maintains Polycomb gene silencing in plants」
(植物におけるDNA複製に共役的なヒストン修飾によるポリコーム遺伝子サイレンシングの維持)
 
第236回 遺伝子機能解析部門セミナー
第357回 細胞工学研究会講演会

日時:2017年12月8日(金)16時00分〜17時15分
場所:島根大学生物資源科学部1号館2階203室

演題:「DNA replication-coupled histone modification maintains Polycomb gene silencing in plants」
    (植物におけるDNA複製に共役的なヒストン修飾によるポリコーム遺伝子サイレンシングの維持)
演者:Frederic Berger 氏 (Gregor Mendel Institute, Austrian Academy of Sciences, Vienna, Austria)

Propagation of patterns of gene expression through the cell cycle requires prompt restoration of epigenetic marks after the twofold dilution caused by DNA replication. Here, we show that the transcriptional repressive mark histone H3 lysine 27 trimethylation (H3K27me3) is restored in replicating plant cells through DNA replication-coupled modification of histone variant H3.1. Plants evolved a mechanism for efficient K27 trimethylation on H3.1, which is essential for inheritance of the silencing memory from mother to daughter cells. We illustrate how this mechanism establishes H3K27me3 mediated silencing during the developmental transition to flowering. Our study reveals a mechanism responsible for transmission of H3K27me3 in plant cells through cell divisions, enabling H3K27me3 to function as an epigenetic mark.

Danhua Jiang and Frederic Berger.
Science 2017 Sep 15;357(6356):1146-1149.
doi: 10.1126/science.aan4965. Epub 2017 Aug 17.

 遺伝子発現のエピジェネティック制御のひとつにヒストンのメチル化修飾によるクロマチン構造の変化があります。植物の花成(成長相の転換)における細胞分裂のDNA複製時に、その修飾がどのように維持され、遺伝子の転写制御が行われているのか、植物のエピジェネティック制御の仕組みの最新知見について講述頂きます。

(2017.11.07)
 

前へ お知らせ一覧 後へ


HOME

↑top
 
島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門
Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University
〒690-8504 松江市西川津町1060  Tel&Fax 0852-32-6109    
 
HOME/ 部門紹介/ 利用規則・利用申請手続き/ 利用申請書様式集/ 研究設備・機器/ オンライン機器使用予約/ 受託サービス/ RI実験施設/ スタッフ/ 植物ベクター/ 学術セミナー/ 技術講習会/ 公開講座・講演会/ 行事/ カレンダー/ 配置図/ 年報・通信/ キャンパスマップ/ リンク

Copyright © 2010- Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research,Organization for Research and Academic Information, Shimane University All rights reserved.